司法制度改革とは

卓球

 

司法制度改革についてこの改革の最大の目的は、一般の人にも裁判に参加してもらって一般の人の感覚を裁判にも取り込むということです。裁判員裁判と呼ばれるものがそうですが、制度がスタートして数年が経過して、市民感覚での裁判についても概ね広くいきわたるようになってきました。

 
一方で市民が参加する裁判の中には凶悪事件などもあり、証拠写真などで心理的圧迫を感じる人も中には現れています。そうした人への心のケアをどうしていくのかも問われていくこととなります。また通常のサラリーマンが参加するのには仕事面での問題もあります。

 
こうしたいろいろな問題を一つ一つ解決をしながら、やはり市民感覚を裁判などの司法の場に導入することは重要なことですので、この司法制度改革により始まったこの制度について、よくないところは少しずつでも直していけばいいでしょうし、また今後も続けていくべきだというのであればその方向性でより市民にとって参加がしやすい形を目指すことも重要となります。

 
大勢の市民が今までにいろいろな裁判に裁判員として参加していますが、彼らの考え方や困ったことを決して聞き逃すことなく、より良い制度にしていくことが求められているのではないかとも言えます。

コメントは受け付けていません。