ADRとは

裁判や審理ではなく、法的な揉め事を解決する手段です。手段など一般を総称する言葉をADRといいます。

 

例えば、仲裁、調停、あっせんなどがあり、いろいろなものがあります。ADRには認証制度があり、機構がADRも手続を行うのに必要な能力を有している場合には、法務大臣の認定を受けることができる制度があります。しかし、弁護士会による手続については、認証を受けなくても手続の公正がしっかりと確保されることから、認証を受けていないところも多々あります。以前から、ADRの利用をためらわせた理由の一つが、利用には 時効 の中断効果がなく、手続の申請中に時効が成立してしまう恐れがあり、安心して利用できないということありました。そこで国は認定を受けた所を利用した場合、時効の中断を認めるようにして、利用の促進を図っています。 審理では、中立的立場である裁判官が解決策となる判決を出します。

 

 

これには拘束力があり、当事者がこれを拒否することはできませんが、控訴と上告をすることができます。和解の提案や仲裁では解決策が提示されますが、提示された解決案には拘束力がありません。仲裁で提示された解決案には拘束力があり、これを拒否することは出来ないことになってます。

コメントは受け付けていません。